• トップ /
  • 葬式で気を付けることとは

葬式で気を付けること

業者にお願いした時の葬儀の費用

葬式で気を付けることの情報とは

葬式に参列する場合、どのように言葉を発したら良いか悩みます。大きな声で話をしない、知り合いがいても長話をしない、ということは大切ですが、忌み言葉を使用しない、ということも大切になります。葬式において重ね言葉や忌み言葉は使用しません。ますます、いよいよといった日常使用する言葉は、使わないことが多いので注意します。香典をお渡しする場合も、語尾はあいまいに終わらせるようにし、言葉をあまり発しないようにします。

個性豊かな葬儀が増えています

かつて葬儀といえば、会館の担当者に言われる通り、決まった流れに沿って進むものがほとんどでした。しかし最近は形にとらわれない、個性的な葬儀が増えてきています。式場に故人が元気だった頃のスナップ写真や愛用の品を展示したり、好きだった音楽を流したり。棺の周りに椅子を配置し、近くでお顔を見ながらお別れできる家族葬もあります。生前の故人の遺志や残された家族の希望により、自由に最後のお別れができる時代になってきています。

↑PAGE TOP